Skip to main content

イーストアーネムランド

アーネムランドは、カカドゥ国立公園、アラフラ海、カーペンタリア湾に隣接する91,000平方キロメートルの手付かずの荒野で構成されています。

アーネムランドへの訪問を希望する旅行者は、ノーザンランドカウンシルから事前に許可を取得する必要があります。あるいは、多くの組織されたツアーがこの地域を訪れます。これらの場合、許可は通常ツアーオペレーターによって組織されます。アーネムランドは文化が豊富で、野生の海岸線、そびえ立つ断崖、サバンナの森、野生生物が生息する湿地を特徴とする多様な風景が特徴です。公園は国際的に重要な湿地を保護し、ワニ、ジュゴン、営巣するカメ、渡り鳥などの豊富な野生生物の生息地を提供します。

アーネムランドの北海岸にあるマニングリーダの町は、その土着の芸術で有名です。カカドゥ国立公園の東にある最初の停留所の1つであるガンバランヤは、先住民の芸術家がインジャラックアートアンドクラフトセンターに集まるアボリジニのコミュニティです。ガンバランヤでは通常7月にオープンデーが開催され、旅行者は許可なしに自由に訪れて文化活動を楽しむことができます。

ヌランベイの町は、ダーウィンの東約600キロのゴブ半島にあります。宿泊施設と備品を提供する主要なサービスセンターであり、壮大なビーチと素晴らしい釣りを提供しています。

人里離れたコーバーグ半島のガリッググナックバル国立公園にあるビクトリアセトルメントの初期ヨーロッパ植民地の遺跡や、この地域のアボリジニ、マカサン、ヨーロッパの歴史を展示するブラックポイント文化センターなど、歴史的に重要な地域がたくさんあります。

イースト・アーネムランドの見どころ&体験